<< トップページに戻る

もっと知りたい

メスを使わない方法で傷跡は治るの?

答えを先に言えば、決してそのようなことはありません。
レーザーなどの治療は傷の色素を薄くするためには有効ですが、根本的な傷跡の修正を行ったことにはなりません。またレーザーでの治療は1回で終わらずに回数がかかる、赤みなどのダウンタイムがあり手術での治療より時間が長くかかる、症状によっては赤みが余計に目立ってしまうことがあります。
また凹んだ傷にヒアルロン酸を注入して盛り上げようとしても、盛り上がりません。
形成外科の手術では、傷跡が日常の動作(顔であれば表情筋)により引き延ばされることを踏まえ、機能的な面も考慮して切開・縫合を行うため自然な状態になります。目立つ傷を目立たない傷にするには、形成外科で手術を行うことが一番の近道なのです。
ただしこれは医師の技術力や経験によるところも大きいため、クリニック選びも非常に重要になります。クリニック選びでは施術するのが形成外科の専門医であるかを確認すること、受診したら医師の説明をじっくり聞いた上でその治療がベストかどうか慎重に見極めるようにしましょう。

※ヒルズ美容クリニックWEBサイト及び関連WEBサイトに掲載されている症例写真は、当院の患者様のご厚意により掲載許可を得ています。当サイトの写真・イラスト・文章等の無断転載・引用・使用を禁じます。